ページの先頭です。
コンテンツエリアはここからです。

CSRの取り組み

CSR宣言

私は、NTTビジネスアソシエグループに働く者として、NTTグループ企業倫理憲章に則り、高い倫理観を持って不正を行わず、不正を許さず、誇りと自信を持って仕事に取り組み、高い企業評価の獲得とNTTグループの発展に寄与するとともに、"チームNTT"の一員として、個の成長に努め豊かな社会づくりを推進し、社会的使命を果たして行きます。

企業理念

事業理念

私たちは、より一層のお客さま満足を追求し続け、それにより私たちも成長していく
・・・そんな企業でありたいと考えています。

『私たちビジネスアソシエは新たなビジネススタイルとライフスタイルの創造に貢献します。』

経営姿勢

『ともに・・』 お客さまと目的を共有し、ともに追求するアソシエです。
『高く・・』 専門家集団として、高品質なサービスを提供します。
『活き活きと・・』 一人ひとりを尊重し、活気あふれる企業文化を実現します。

行動基準

お客さまへの高品質なサービスを提供するため、コンプライアンス(法令、社会規範、倫理の遵守)を重視するとともに、環境、人権、地域社会との調和等を推進する企業として、健全で質の高い経営の実現をめざします。


・お客さまの満足を自分の満足としよう。
・・・それが力となります。
・新たな視点でチャレンジしよう。
・・・それが変革となります。
・感度を高めて、スピーディに動こう。
・・・それが成長となります。
・刺激しあい、自らの質を高めよう。
・・・それがアソシエとなります。

CSR委員会(H19年1月設置)

設置目的

CSR各課題に対する総合的な方針の策定、確認、情報共有、更には重要課題の検討などを通じ、社会的使命を果たしていくことを目的としています。また、ビジネスリスクの棚卸、マネジメントを実施することによりCSR戦略へ繋げます。

メンバー

委員長 常務
委員 事業部長等
事務局 企画総務部

委員会の役割

(1)総合的なCSR課題の方針策定、社内への展開
(2)啓発活動の推進
(3)持株会社CSR委員会との連携

CSR活動の取り組み

教育・研修

社員一人ひとりが、CSR・人権・情報保護に関する知識を身につけるとともに、高い倫理観を醸成することにより、不正・不祥事を生じさせない職場づくりを実践し、誇りと自信を持って仕事に取り組み、高い企業評価の獲得とNTTグループの発展に寄与するために、日ごろより社員教育・研修を実施しております。

  • ・「NTTビジネスアソシエグループCSR憲章」の全従業員への配付・携帯
  • ・全従業員を対象とした「人権啓発/企業倫理研修」の実施(年1回)
  • ・全従業員を対象とした「企業倫理アンケート」の実施(年1回)
  • ・全従業員を対象とした「環境保護研修」の実施(年1回)

環境方針

基本理念

NTTビジネスアソシエ株式会社は、NTTグループの一員として、『NTTグループ地球環境憲章』に則り、人類が自然と調和し、未来にわたり持続可能な発展を実現するため、地球環境の保護に向けて最大限の努力を行います。

基本方針

  1. 法規制等の遵守と社会的責任の遂行
    • 環境に関する法規制等を遵守し、企業の社会的な責任を遂行します。
  2. 事業活動における環境負荷の低減
    • 事業活動全般において、働き方改革・業務効率化を推進し、より一層の環境負荷の低減に取り組みます。
    • (1)CO2排出量の削減に取り組みます。
    • (2)資源のリデュース(廃棄物の発生抑制)・リユース(再利用)・リサイクル(再資源化)活動に取り組みます。
    • (3)お客さまへのサービス提供を通じて環境負荷の低減に取り組みます。
  3. 事業活動以外(社会貢献活動等)における環境負荷の低減
    • (1)行政・NPO等と連携した清掃活動を始めとした各種取り組みに積極的に参加します。
    • (2)生態多様性を将来世代に引き継ぐための取り組みを推進します。
  4. 環境負荷の低減を下支えするための活動の継続的実施
    • 上記1~3項の日頃の取り組みを通じて、BA社に従事する社員等への環境意識の啓発につなげるとともに、環境方針及び環境活動の取り組みを『環境活動レポート』として社内外に公表します。

社会貢献への取り組み

(1)「エコキャップ回収推進」への取り組み (平成20年9月より継続)

ペットボトルのキャップを回収して、世界の子供たちにワクチンを届ける「エコキャップ回収 」の取り組みを実施しています。

(2)入居ビル周辺の清掃活動(年2回)

入居しているパレスサイドビル周辺の清掃活動を実施しました。同ビル入居の他企業とも協力し、環境クリーン活動を実施しています。

(3)社会福祉施設で製造されたパンの販売場所を提供(年1回)

千代田区立障害者就労施設で製造されたパンを販売する場所として、社内に販売場所を提供し、障がい者の方々の出張販売活動に協力しております。

(4)社会福祉団体へのカレンダー寄贈(年1回)

職場において未使用のカレンダー等を収集し、地域の社会貢献活動に役立てていただくため、千代田区社会福祉協議会へ寄贈しています。

(5)荒川河川敷ボランティア清掃活動(年1回)

荒川河川敷のゴミ拾い及び子供向け自然環境教室を実施しています。

安全・健康の推進

健康・安全な職場環境づくり

社員が健康で安全な職場で働くことができるように、労働基準法および労働安全衛生法等の関係法令等の順守はもとより、安全管理および健康管理を目的に「安全管理規程」「健康管理規程」等を定め、月に一度職場巡回や安全衛生員会を開催する等、職場環境の改善に努めています。

社員の健康の保持・増進

社員の健康の保持・増進に向けて、全社員を対象とした定期健康診断を実施するとともに、希望者に対して人間ドックの受検機会を提供しています。さらに、生活習慣病対策として、40歳時に人間ドックの受診を必須とすることに加え、健康保険組合やNTT東日本 健康管理センタと連携し、生活習慣病の基礎知識や生活習慣の改善方法の習得や、健康への意識醸成を図ることを目的とした、特定保健指導実施率向上に向けて、職場での特定保健指導受診を行う等の取り組みを展開しています。また、過重労働による社員の健康障害防止のため、時間外労働の実績についても、組織・社員に情報共有を行い、産業医・保健師による長時間労働者への面談を実施しています。

メンタルヘルスケア

社員の心の健康を守るため、 NTT東日本 健康管理センタとの連携の下、相談窓口を設けるとともに、毎年全社員に対しストレスチェックを実施しています。ストレスチェックの結果は組織と社員にフィードバックし、組織・個人分析を行うことで、メンタル管理の向上に用いています。また、社員に対して、メンタルヘルス不調の予防や対象法、ストレスマネジメントについての 研修を毎年実施する等、職場のメンタルヘルス対策に取り組んでいます。